スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

「技師長が語る特別ワイナリーツアー08夏篇」ブロガーイベント(2)

JUGEMテーマ:グルメ

サントリーが主催する
技師長が語る特別ワイナリーツアー08夏篇
ブロガーイベント体験記後編です。

前半は、「サントリー登美の丘ワイナリー」の自家ぶどう園にて
大川所長の案内により、「登美の丘ワイナリーのコンセプト」や
ぶどう栽培」について話をききました。

▼前篇の記事は⇒コチラ

いよいよ、「ワインの製造工程見学」です。
最初は、「ワイナリーの歴史」をパネルで閲覧しました。

その後は、「醸造棟」へ。
実際の醸造施設内を歩きながら、ワインづくりの基本や
登美の丘ワイナリーのこだわりなどを大川所長の解説と
わかりやすい案内VTR付きで見学しました。

サントリー登美の丘ワイナリー008
そしてそして、神秘的な雰囲気の「貯蔵庫」へ。

サントリー登美の丘ワイナリー009
こちらは、「樽熟庫」。
ワインは樽の中で熟成されていくんですね。
ちなみに、樽から直接の「テイスティング」もありました。
そして、ワインの瓶がずらりと並んで眠っている「瓶熟庫」。
地下のワイン貯蔵庫という感じでステキな空間です。
ここでワインは、熟成のときを刻むわけです。
サントリー登美の丘ワイナリー012

ワインの製造工程見学」を終えた後は、
同じ建物にあるテイスティング・ルームにて
ワインのテイスティング」。
サントリー登美の丘ワイナリー010
試飲したワインは下記です。

1.「樽醗酵 甲州2005

2.「登美の丘(白)2005

3.「登美(白)2005

4.「登美の丘(赤)2005

5.「登美(赤)2004

6.「特別瓶熟品 カベルネソーヴィニヨン 1987(非売品)

サントリー登美の丘ワイナリー011
1〜6を順番にテスティングすることで、
ぶどうの品種やその年の気候、熟成方法、
そして、どんな料理に合わせるべきかなど、
味わいながらワインの奥深さを学ぶことができました。

個人的には、「樽醗酵 甲州2005」が美味しかったです。
甲州産のぶどう100%というのも素晴らしいですね。

▼上記ワインのオンラインショップは⇒コチラ

日本のワインは、あまり飲んだ事がなかったのですが
この「ブロガーイベント」に参加して、物凄く興味が沸きました。
今度は、購入して飲んでみたいと思います!

特別ワイナリーツアーはここまで。
最後に、サントリーの方々とブロガー20名の
懇親会を企画してくだいました。
サントリー登美の丘ワイナリー013

懇親会でも、別のワインが用意されていて至れり尽くせり。
サントリー登美の丘ワイナリー015
萌黄台園 2002
眺富台園 2004
塩尻ワイナリー 信州メルロ 2004

サントリー登美の丘ワイナリー014
チーズや果物などのオードブルも用意していただいて
ワインと一緒にいただきました。
サントリー登美の丘ワイナリー016

技師長が語る特別ワイナリーツアー 08夏篇」は、
2008年6月14日(土)・21日(土)・22日(日)
7月5日(土)・12日(土)・19日(土)の
計6日間登美の丘ワイナリーで開催しています。

登美の丘ワイナリーの技師長が直接案内してくださるそうで、
丁寧に、質疑応答もしてくださいますし、
充実したイベントになると思います。

ぜひ、お近くに行かれる方は参加してみてくださいね。
満足できるワイナリーツアーです。

▼参加申し込みは⇒コチラ

▼ワイナリー内レストラン「ワインテラス」のグルメレポートは⇒コチラ

今回、「技師長が語る特別ワイナリーツアー08夏篇」ブロガーイベントに参加して
本当に楽しい一日を過ごさせていただきました。
サントリー社の皆様、ご一緒させていただいたブロガーの皆様、
お疲れさまでした!&ありがとうございました!

at 01:06, いたばし猫たろう, <ブロガーイベント>登美の丘ワイナリー

comments(0), trackbacks(0), - -

「技師長が語る特別ワイナリーツアー08夏篇」ブロガーイベント(1)

JUGEMテーマ:グルメ

快晴の土曜日に、サントリーが主催する
技師長が語る特別ワイナリーツアー08夏篇
ブロガーイベントに行ってきました!

グルメブログを初めて1年半、
ブロガーイベントは初めての参加で、緊張しました^^

サントリー登美の丘ワイナリー」は、新宿から特急2時間で行ける
山梨県甲斐市大垈にあります。(交通アクセス⇒コチラ
今回は、ブロガーさんたち総勢20名と
新宿からバスで向かいました。
サントリー登美の丘ワイナリー001

登美の丘ワイナリーのコンセプトは、
「良いワインはよいぶどうから」がモットー。
「よいぶどう」とは、健全、完熟なぶどうで、
人が「よいぶどう」を収穫できるようにサポート。
各畑でその気候、土地、株を反映した。ぶどう果実が持つ特徴を
最大限引き出すために醸造技術を適用とのこと。

サントリー登美の丘ワイナリー002
登美の丘ワイナリーに到着してから、
今回の大特典、大川所長案内の特別プログラム開始です。

実際の自家ぶどう園にて、ワイナリーのぶどう栽培について。

1.ワイン品質に及ぼす要素と登美の丘の特徴
 A.気象(雨が少ない、日照が確保できるなど)
 B.土壌(排水性が良い、傾斜地の有効性)
 C.品種
 D.人間の努力・愛情(台木のセレクションなど)
2.ぶどう栽培の一年
  四季の変化に基づく植物の育成に合わせた管理。
3.ぶどう栽培の狙い
  人間の愛情、工夫、観察力など

サントリー登美の丘ワイナリー003
実際のぶどう園を眺めながらの情熱的な案内は、
わかりやすく、大変楽しめました。

サントリー登美の丘ワイナリー004
今回は「ぶどうの花」を見るには少し早かったようで
別のぶどう園から、花を摘んできてくれました。

サントリー登美の丘ワイナリー005
スイートなほのかな香りが新鮮でした。

ぶどう園で登美の丘ワイナリーのコンセプトや
ぶどう栽培について話を聞いた後は、
ランチをいただきに、さらに少し高台にある場所へ。
サントリー登美の丘ワイナリー006
晴れた日は富士山がくっきり見えるそうです。
残念ながらこの日は、うっすらな富士山。

サントリー登美の丘ワイナリー007
標高600mから見渡す景色は最高です。
空気も湿気が少なく清々しいカンジ。
この気候がぶどうに適しているんですね。

ランチは、ワイナリー内にある「ワインテラス」へ。
こちらは、今回のブロガーイベントのために
ご用意してくださったそうです。
あまりにも美味しいランチでしたので、記事は別に書きました。
「ワインテラス」のグルメレポートは→コチラ

そして、「技師長が語る特別ワイナリーツアー08夏篇
ブロガーイベントの後半は、「ワインの製造工程見学」と
テイスティング」です。

▼後編の記事は⇒コチラ

at 23:09, いたばし猫たろう, <ブロガーイベント>登美の丘ワイナリー

comments(0), trackbacks(0), - -