スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

Beyoncé 「4」

JUGEMテーマ:今日のテーマソング

1曲目をヘビーローテーションで聴いてしまうこのアルバム。
どこまでかっこいいんだ、ビヨンセ!!

Beyoncé 「4



セクシーなジャケットとは違うしっかり力強く歌うビヨンセがいる・・
そんな2011年リリースの作品。

1. 1+1
2. I Care
3. I Miss You
4. Best Thing I Never Had
5. Party (ft Andre 3000)
6. Rather Die Young
7. Start Over
8. Love On Top
9. Countdown
10. End of Time
11. I Was Here
12. Run The World (Girls)


最近、CDはレンタルで・・という方が多いかもしれませんが、
このアルバムは買って損はないと思います。
ビヨンセ初心者の方にもいいかもしれませんね。


 

at 00:00, いたばし猫たろう, 【お酒に合う音楽】

comments(0), trackbacks(0), - -

Aaron Neville 「Bring It on Home: The Soul Classics」

JUGEMテーマ:今日のテーマソング

いいことがあった日も、そうでなかった日も、
このアルバムを聴けばご機嫌!

Aaron Neville 「Bring It on Home: The Soul Classics



今年72歳になる大御所シンガーである。
このアルバムは、ソウルのスタンダードのカバーで2006年リリースの作品。
1. Rainy Night In Georgia (featuring Chris Botti)
2. Ain't No Sunshine
3. (Sittin' On) The Dock Of The Bay
4. Stand By Me
5. You Send Me
6. Respect Yourself (featuring Mavis Staples)
7. When A Man Loves A Woman
8. Let's Stay Together (featuring Chaka Khan)
9. It's All Right
10. People Get Ready (featuring David Sanborn and Art Neville)
11. My Girl
12. Ain't That Peculiar
13. A Change Is Gonna Come

好きな曲ばかりです。
なにがともあれ、6曲目の「Respect Yourself」は、Mavis Staplesとデュオ。
8曲目のAl Greenのヒット曲「Let's Stay Together」は、Chaka Khanと。
この曲って、とてもグルーヴィな印象が強かったけど、このアレンジは落ち着いた大人の恋って感じ。
あ~、ソウルを好きでよかった!!
そう思えるアルバムです。


 

at 00:00, いたばし猫たろう, 【お酒に合う音楽】

comments(0), trackbacks(0), - -

今井美樹「I Love a Piano」

JUGEMテーマ:今日のテーマソング

仕事に疲れて帰宅した後に、聞きたい作品。
今井美樹「I Love a Piano」。


 

1. 瞳がほほえむから with 河野圭
2. 年下の水夫 with 小曽根真
3. 春の日 with 武部聡志
4. Goodbye Yesterday with 倉田信雄
5. 遠い街から with 川江美奈子
6. ルパン三世 愛のテーマ with 大野雄二
7. PRIDE with 塩谷哲


一流ピアニストと、透明感ある歌声。
静かな夜にのお供に・・

at 00:06, いたばし猫たろう, 【お酒に合う音楽】

comments(0), trackbacks(0), - -

Ali [Soundtrack, Import]

JUGEMテーマ:今日のテーマソング

Aliのサウンドトラックのご紹介。 2001/12/25発売。
このサントラを聴くと映画を観たくなります。

-------------------------------------------------
1. The World's Greatest - R. Kelly
2. Fight - Alicia Keys
3. Hold On - R. Kelly
4. A Change Is Gonna Come - Al Green
5. Ain't No Way - Aretha Franklin
6. Sometimes - Bilal
7. 20 Dollars - Angie Stone
8. For Your Precious Love - Truth Hurts
9. Bring It On Home To Me - David Elliot
10. E - Ali The Greatest-Everlast
11. Mistreated - Shawn Kane
12. Tomorrow - Salif Keita
13. All Along The Watchtower - Watchtower Four
14. Odessa - Martin Tillman
15. See The Sun - Lisa Gerrardand Pieter Bourke

-------------------------------------------------

1.R.Kellyの曲もしかり、Aretha FranklinやAl Greenの名唱もあり、
かなり愛聴盤です。

  •  



at 00:12, いたばし猫たろう, 【お酒に合う音楽】

comments(0), trackbacks(0), - -

「-196℃こだわり果樹園」とB.B.King「Sings Spirituals 」

JUGEMテーマ:今日のテーマソング

帰りにスーパーで見つけた春っぽいデザインの
缶チューハイ「-196℃こだわり果樹園〈桜&さくらんぼ〉」。
寒暖の差が激しいこの時期、春が待ち遠しい!

ってなわけで、思わず手が伸びたこのチューハイ。



厳選された果物たっぷり、というか香りが凄いです。
いい香りがぽわんと広がって、い気持ちになります。

他にもラインナップがたくさんあるんですね。
他のも飲んでみたいな。

--------------------

そんな今夜のB.G.M.は・・・
B.B.King「Sings Spirituals 」。



1. Precious Lord 
2. Save a Seat for Me 
3. Ole Time Religion 
4. Sweet Chariot 
5. Servant's Prayer 
6. Jesus Gave Me Water 
7. I Never Heard a Man 
8. Army of the Lord 
9. I Am Willing to Run All the Way 
10. I'm Working on the Building

--------------------

ブル−ズの大御所「B.B.King」のゴスペル・アルバムなのです。
珍し~いと思って手にしたこのアルバムは、なかなか素晴らしい内容。
そして、なんと1960年発売!!

古い作品だけど、今聴いてもとてもスピリチュアルな一枚です。
60年代、70年代のソウルがお好きな方にはいいかもですね。



at 01:01, いたばし猫たろう, 【お酒に合う音楽】

comments(2), trackbacks(0), - -

「サントリー金麦」と「小野リサ」な夜

JUGEMテーマ:今日のテーマソング

久しぶりに忙しい土曜日を終えて、
帰りにスーパーで週末の食材を探していたところ
サントリー金麦」の350ml缶が
はやくも“桜”になっていました!



まだ東京は寒いですが、
冷たい外気の中にも、少しずつ春の香りが
漂ってくるようになりました。

少し春を味わいたくて、晩酌に購入。

今年のお花見は3月下旬くらいですかね。
  ↓   ↓   ↓
東京 積算平均気温の推移とソメイヨシノの開花日予想チャート

個人的には4月の上旬に開花するくらいが嬉しいかな。
卒業式よりも入学式の桜が好きですね。

そして、今夜のBGMは・・・

2000年発売の小野リサ「アミゴース」。



1. 踊ってごらん
2. イパネマの娘
3. 春
4. アイ・ヨヨ
5. カーニバルの朝(黒いオルフェ)
6. デザフィナード
7. アマポーラ
8. ジンジ  
9. サンバの王国  
10. マリアーナ 
11. マラニョンのマリア  
12. 朝のハーモニー
------------------------

小野リサのアルバムはかなり聴いているのfですが
最近の一番のお気に入りはこのアルバムですね。

雰囲気を言葉にするのは難しいけど、
春を感じさせてくれますね〜。

本当にオススメしますー。

Amazonの視聴はコチラ

もうすぐ春ですよ!!

at 00:09, いたばし猫たろう, 【お酒に合う音楽】

comments(0), trackbacks(0), - -

【お酒に合う音楽(13)】 「These Songs For You, Live!」 Donny Hathaway

JUGEMテーマ:今日のテーマソング

早朝に目が覚めてしまい、弁当を作って朝食を済ませても時間がたっぷりある。
月曜の朝から飲酒もできず、本日はテーマソングのみです。

These Songs For You, Live!
Donny Hathaway



1. Flying Easy - (previously unreleased) 
2. Valdez In The Country (previously unreleased) 
3. Someday We'll All Be Free (previously unreleased) 
4. You've Got A Friend 
5. He Ain't Heavy, He's My Brother (previously unreleased) 
6. What's Goin' On 
7. Yesterday (previously unreleased) 
8. Superwoman (previously unreleased) 
9. A Song For You 
10. Sack Full Of Dreams 
11. Little Ghetto Boy 
12. I Love You More Than You'll Ever Know 
13. The Ghetto 
14. Interview (previously unreleased)
---------------------

1970年代黒人音楽の新しい風を吹かせた偉大なるアーティスト。
そして、彼の数枚のLIVEアルバムからのベストとして
2004年に発売されたのがこの作品。

3曲目の「Someday We'll All Be Free」が心にしみる。

"

Hang on to the world as it spins around
地球はぐるぐる回ってるんだ しっかりつかまって
Just don't let the spin get you down
振り落とされてしまわないようにね
Thing are movin' fast
物事は凄い速さで動いてる
Hold on tight and you will last
しっかりしてるんだ そうすれば持ちこたえられるさ

Keep your self respect your manly pride
断固とした誇りに自尊心を持ち続けて
Get yourself in gear keep your stride
道具一式そろえたら 歩き続けよう
Never mind your fears
心配はいらないさ
Brighter days will soon be here
輝かしい日々はすぐそこにきてる
Take it from me
僕を信じて
Someday we'll all be free yeah
いつの日か 僕らは皆 自由になるのさ

Keep on walkin' tall
胸を張って歩き続けるんだ
Hold your head up high
堂々と前を向いて
Lay your dreams right up to the sky
君の夢であの空を埋め尽くそう
Sing your great songs
君のお気に入りの歌を歌って
And you'll keep growin',growin' on
そうして君はずっとずっと成長し続けるんだ
Take it from me
僕を信じて
Someday we'll all be free
いつの日か 僕らは皆 自由になるのさ
Hey,just wait and see
ただ様子を見守ろう
Take it from me
僕を信じて
Someday we'll all be free yeah
いつの日か 僕らは皆 自由になるんだ
Take it from me
僕を信じて
Someday we'll all be free
いつの日か 僕らは皆 自由になるんだ
And it won't be long
その日はすぐやってくるさ
Take it from me
僕を信じて
Someday we'll all be free
いつの日か 僕らは皆 自由になるんだ
Take it from me....
僕を信じて・・・
----------------------

敬虔なクリスチャンの彼がアフロアメリカンに向けた
励ましの曲なのだろうか、それとも己の為に書いたのか。
1979年に飛び降り自殺をした彼の思いは、
今や音楽を通して想像するしかない。

Youtubeで検索していたら、Arethaの名唱も発見。
  ↓   ↓   ↓
"

クリントンの就任式?「RESPECT」もカッコイイ!

話はDonnyの戻って、彼の名盤といえばコレ。
ソウルファンなら必須アイテムである。



繊細な音楽性と、彼の魂は今後も生き続けるだろう。
このアルバムは、シンガーのみならずミュージシャンたちにも
愛され続けている。

★Amazonは→コチラ

そして、「Roberta Flack & Donny Hathaway」も名盤のひとつ。



1. I (Who Have Nothing) 
2. You've Got a Friend 
3. Baby I Love You 
4. Be Real Black for Me 
5. You've Lost That Lovin' Feelin' 
6. For All We Know 
7. Where Is the Love 
8. When Love Has Grown 
9. Come Ye Disconsolate 
10. Mood
-----------------------

2曲目の「You've Got a Friend」は、キャロル・キングの名曲。
こちらは素晴らしいデュエットを聴かせてくれる。

3曲目の「Baby I Love You」↓↓
こんな古い映像を見せてくれるYoutubeに感謝!

"

今日は帰宅したら、久しぶりにDonnyをたっぷり聴きたい。
晩酌は何にするかな?

at 04:20, いたばし猫たろう, 【お酒に合う音楽】

comments(0), trackbacks(0), - -

【お酒に合う音楽(12)】 「introducing CROSS YOUR FINGERS」  佐藤竹善&SOFFet with NO NAME Horses 

JUGEMテーマ:今日のテーマソング

今夜のBGMは、 佐藤竹善のセルフカバーも含む素敵なカバーアルバム、
introducing CROSS YOUR FINGERS」。



1. WILL 
2. WITH YOU 
3. きっと何時の日か 
4. GUILTY(Lyrico) 
5. YOU ARE EVERYTHING(with akiko) 
6. SPIRIT OF LOVE(with GATS TKB SHOW) 
7. 心のEVERGREEN(with コブクロ) 
8. クリスマスが過ぎても(PLUS ONE) 
9. 生まれ来る子供たちのために 
10. ロマン 
11. TIME IS OVER 
12. La La La
--------------------------

ご存知の通り、佐藤竹善は、Sing Like Talkingのリーダーであり、ボーカル・ギター・キーボード・作詞・作曲を担当する、多彩なアーティストです。
かつ、繊細なボーカルワークも日本人のアーティストの中でも群を抜いている。

このアルバムは、たくさんの実力派アーティストたちとのコラボもあり、
様々なジャンルがお好きな方々にも楽しめるのではないかと思います。

なかでも、Lyrico(現在、露崎春女)は、1995年に和製マライヤ・キャりーの触れ込みでデビューした、現在もマイペースに活動している実力派アーティストである。
4曲目のディユエットはとにかくクオリティがいい。

あとは、コブクロとデユエットした7曲目もなかなか。
そして、9曲目の「生まれ来る子供たちのために」は1980年発売のオフコースの名曲。
ある意味、人類愛をうたったこの曲は、とても抽象的ではあるが、考えさせられる。

ちなみに、10曲目の「ロマン」は、玉置浩二のソロアルバムの曲。
恋をした相手を目の前に、その不安感や期待感を見事に、詩的に表現していると思う。
これは、聴いてほしいかなぁ。

----------------------------

そして、今夜の晩酌は・・・



果汁をたっぷり50%使用した贅沢なチューハイ!タカラ おいしいチューハイ」。
パッケージはとてもフルーティだが、あんまちフルーティさを感じないかも。
もっと、フルーティなんがいいなぁ。
 

at 03:57, いたばし猫たろう, 【お酒に合う音楽】

comments(0), trackbacks(0), - -

【お酒に合う音楽(11)】 Tracy Chapman 「Tracy Chapman」

JUGEMテーマ:今日のテーマソング

久しぶりの[お酒に合う音楽]シリーズ。
今年の様々な任務も終えてほっと一息。
そんなシーンではやはりお酒と音楽!
ということで、今回は1988年の「Tracy Chapman」。

Tracy Chapman

1. Talkin' Bout a Revolution 
2. Fast Car 
3. Across the Lines 
4. Behind the Wall 
5. Baby Can I Hold You 
6. Mountains O' Things 
7. She's Got Her Ticket 
8. Why? 
9. For My Lover 
10. If Not Now... 
11. For You
-------------------------

彼女は、『愛・孤独・人種・階級・貧困・家庭内暴力などの社会問題を歌詞に託す』メッセージ性の強いフォークソング歌手。

★もっと詳しく知りたい方は→コチラ



1曲目の「Talkin' Bout a Revolution」の動画を発見↑↑↑

--------------------------
(訳:村野瀬玲奈の秘書課広報室さんから引用)

ねえ、知ってる?
人々が革命の話をしている
囁き声のように聞こえてくる
ねえ、知ってる?
人々が革命の話をしている
囁き声のように聞こえてくる

生活保護給付の列に並びながら
救世軍の戸口で叫びながら
失業給付の列で時間をつぶしながら
バーゲンセールを待って座りながら

ねえ、知ってる?
人々が革命の話をしている
囁き声のように聞こえてくる

貧しい人々が立ち上がり
自分の取り分を取り戻す
貧しい人々が立ち上がり
自分の取り分を取り戻す

ねえ、知ってる?
あなたも走ったほうがいい、走ったほうがいいってば...
ええ、本当に
あなたも走ったほうがいい、走ったほうがいいってば...
とうとう状況が変わり始めている
人々が革命の話をしている
とうとう状況が変わり始めている
人々が革命の話をしている
人々が革命の話をしている

生活保護給付の列に並びながら
救世軍の戸口で叫びながら
失業給付の列で時間をつぶしながら
バーゲンセールを待って座りながら

ねえ、知ってる?
人々が革命の話をしている
囁き声のように聞こえてくる

とうとう状況が変わり始めている
人々が革命の話をしている
とうとう状況が変わり始めている
人々が革命の話をしている
人々が革命の話をしている
人々が革命の話をしている
--------------------------

アパルトヘイトの運動にも関与し、アムネスティ・インターナショナルの人権ツアーやボブ・ディラン30周年記念コンサートでも唱い、またネルソン・マンデラの釈放を記念するロンドンのコンサートでは、マンデラのスピーチの直後に唱う栄誉を受けている。
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用)

--------------------------

まさに社会派なアーティスト。
実は、僕はCDを以前から聴いていたのだが、
男性だと思っていた・・・・
他にもAmazonで調べたら、アルバムを数枚出しているようです。

この年末にどっぷりはまってしまい、
他のアルバムもしっかり聴きたくなってしまった。

力強いメッセージ性を表現として歌に載せて
アーティストという役割をしっかりこなしているように見える。
決して「自分がしたいように歌う」というだけではない感じというのだろうか、
ある意味「愛」なんかなぁ・・・と思わされた。

世の中には「愛情の面をかぶった愛」がたくさんある。
発信の仕方も受け取り方も人それぞれ。

しかしながら、「真実」を追い求めたいものである。

--------------------------

そんな今日のお酒は(昼間っから飲んでるのか!というツッコミはなしで)、
−196℃ストロングゼロ チェリーコーラ」。



冬季限定のチューハイで500缶を近所のスーパーでゲット。
KIRINコーラショックも好きだけど、頻繁に飲みすぎて飽きてきていたところ。
少し風味が違うチェリーコーラが、爽やかに沁み渡りました。

★「−196℃ストロングゼロ チェリーコーラ」→コチラ

at 13:39, いたばし猫たろう, 【お酒に合う音楽】

comments(0), trackbacks(0), - -

【お酒に合う音楽(11)】 「Rita Coolidge / Nice Feelin'」 Rita Coolidge

JUGEMテーマ:今日のテーマソング

ここ半年、頻繁に聴くのがこの1枚。

Rita Coolidge / Nice Feelin'
Rita Coolidge



1. That Man Is My Weakness 
2. Second Story Window 
3. Crazy Love 
4. Happy Song 
5. Seven Bridges Road 
6. Born Under a Bad Sign 
7. Ain't That Peculiar 
8. (I Always Called Them) Mountains 
9. Mud Island 
10. I Believe in You 
11. Family Full of Soul 
12. You Touched Me in the Morning 
13. If You Were Mine 
14. Nice Feelin' 
15. Only You Know and I Know 
16. I'll Be Here 
17. Better Days 
18. Lay My Burden Down 
19. Most Likely You Go Your Way (And I'll Go Mine) 
20. Journey Through the Past 
-----------------------------

1971年発売のデビューアルバムとセカンドの2inCD。
今年の2月にやっと・・発売。
というのも、僕はこのアルバムをずっとカセットで聴いていたのである。
多感な時期に、何回も何回も。

今年、様々な出来事の中でこのアルバムを思い出し、
期待せずにAmazonで探して、見つけた時の喜びは忘れられません。。。
デジタルに感謝♪

★ちなみに、リタ・クーリッジはこんな人→コチラ

特に18曲目の「Lay My Burden Down」は思い出深い曲。
昔の恩師が好きだった曲。
最近は、風の噂で体調を崩しているとか・・・
会いたいなぁ。。

この曲は、歌詞が聴きとれない部分があるが、
多分、ゴスペル的テイストの強い歌詞だと思う。

すべての重荷を神にゆだねて
私は湖のほとりで、ゆだねられたことに感謝し、
私の魂は解放されたのだ!

・・・って感じだと思い込んでいる(笑)

そして、音楽的にも、素敵なアルバムでもある。
ぜひ、費用対効果抜群のこのアルバムは購入して聴いてほしいです。

最近のリタは、2005年にJAZZアルバムを出したり、
活動を継続しているが、これは本当に若かりし頃の作品。
なんだか、懐かしく、少し切ないけどあったかい。
そんなアルバムです。

★Amazonは→コチラ

--------------------------

そんな今夜の晩酌メニューは・・・
金麦」なり。



発売当時から飲んでいるが、もう2年くらい経つかな。
大好きなアルコールドリンクです。
あ〜、いい気持ちになってきた!そろそろ寝ます。

★サントリー「金麦」のサイト→「コチラ

at 00:47, いたばし猫たろう, 【お酒に合う音楽】

comments(0), trackbacks(0), - -