スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

大人の散歩コース! 「上野公園〜不忍池〜旧岩崎邸庭園」

天気の良い昼上り、「旧岩崎邸庭園」に行ってきました。

『「旧岩崎邸」は1896年(明治29年)に三菱創設者・岩崎家本邸として建てられました。
英国人ジョサイア・コンドルによって設計されたもので、現存するのは洋館・撞球室・和館の3棟です。
木造2階建・地下室付きの洋館は、本格的なヨーロッパ式邸宅で近代日本住宅を代表する西洋木造建築です。館内の随所に見事なジャコビアン様式の装飾が施されていて、同時期に多く建てられた西洋建築にはない繊細なデザインが、往事のままの雰囲気を漂わせています。』(公式HPより)

「ジョサイア・コンドル」は、明治期の外国人招待所として有名な「鹿鳴館」の設計者でも有名だそうです。

不忍池を抜けて歩くこと7分。
「旧岩崎邸 入口看板」
旧岩崎邸庭園「入口」

旧岩崎邸庭園「庭園内地図」
旧岩崎邸庭園「庭園内地図」

入口から邸宅までは数分。
邸宅までの道の脇には、季節の草花が繊細に植えられています。
旧岩崎邸庭園「庭園の花1」

春の訪れを感じながら、邸宅に。
入場料400円。

旧岩崎邸庭園「洋館外観」旧岩崎邸庭園「洋館外観」

『全体はイギリス・ルネサンス様式 洋館南側は列柱の並ぶベランダで、
1階列柱はトスカナ式、2階列柱はイオニア式の装飾が特徴である。
米国・ペンシルヴァニアのカントリーハウスのイメージも採り入れられた。
併置された和館との巧みなバランスは、世界の住宅史においても希有の建築とされている。』(公式HPより)

旧岩崎邸庭園「洋館室内」

旧岩崎邸庭園「洋館室内2」

この日は、洋館の1Fでミニコンサートがありました。

旧岩崎邸庭園「ミニコンサート」

ヴァイオリンとピアノのデュオ。
・ヴァイオリン「山本梨乃さん」
・ピアノ「山形明朗さん」

クラシックはほとんど聴きませんが、
生のヴァイオリンには感動しました。

山本梨乃さんはとても美しい方で、
その割に低い声がまた魅力的な女性でした。

今後のスケジュールはコチラをご覧ください!

洋館でコンサートを楽しんだ後は「庭園」へ移動。

旧岩崎邸庭園「庭園からの眺め2」

そんなに広くはないが、芝生と大名庭園が心地よい空間でした。

『大名庭園の形式を一部踏襲していた。
建築様式同様に和洋併置式とされ、「芝庭」をもつ近代庭園の初期の形を残している。
往時をしのぶ庭の様子は、江戸時代の石碑、広間前の手水鉢や庭石、
モッコクの大木などに見ることができる。
この和洋併置式の邸宅形式は、その後の日本の邸宅建築に大きな影響を与えた。 』
(公式HPより)

旧岩崎邸庭園「庭園の草花」

今度は、緑が青くなる夏前に行ってみたいと思います。

at 10:57, いたばし猫たろう, 散歩 台東区/上野

comments(10), trackbacks(1), - -